お金の借り方の教科書|お金を借りる方法や借入時の注意点は?

お金を借りることに不安を感じる人は多いでしょう。

 

何も知らずにお金を借りてしまうと失敗してしまうので、まずはお金の借り方の基礎知識を身に着けましょう。

 

「お金の借り方の教科書」では、お金を借りるのが初めての人のために、お金の借り方をわかりやすく説明しています。

 

 

1.お金はどこで借りることができますか?

 

収入がある方で、今月の突然の出費がかさんだ状況でお金を借りようと思うとノンバンクのキャッシングがおすすめです。

 

銀行でも借り入れ申し込みは行えますが、窓口が開いている時間で申し込みをしないといけません。

時間のない人にとってはかなり面倒な状況です。

 

しかし、消費者金融などのノンバンクでキャッシングを活用するとインターネットから申し込みができ、住んでいる所から一番近いATMでお金をおろすことができます。

 

審査によって借り入れの限度額は変わりますが、いつでも引き出しや返済が手軽に行えます。

 

 

2.金融機関以外でお金を借りる方法はありますか?

 

金融機関以外の借り入れだと、会社から借りる、知人から借りる、両親から借りる、の3択になります。

 

会社から借りる場合は、例えば、葬式に必要、子供の教育費で必要などの理由で借りましょう。

小さい額ではなく、大きな額を借りることが理想的です。

少額ならば、知人や両親から借りましょう。

例えば通信料が支払えない等の理由ならば貸してくれる可能性があります。

知人と両親には本当の事を言って借りないと、普段自分自身を見ている方々なので、単純に怪しまれます。

 

知人の場合は、多額は無理ですが、両親ならば多額の交渉も可能でしょう。

 

 

3.闇金でお金を借りるとどうなりますか?

 

闇金融でお金を10万円借りるようとすると、たいていはすぐに貸してくれるでしょう。

しかし先に利息が引かれるので7~9万円しか現金は手に入りません。それが最初の注意点です。

 

そして闇金融は10日~2週間くらいの周期で返済期日が来ます。

利息は10日で安くて1割、高いと3割です。

きちんと返済していたら何の問題もありませんが、1日でも期日に遅れようものなら執拗な取り立てが始まります。

 

貸金業法では午後8時以降の電話や自宅訪問は原則禁止ですが、闇金融に法令遵守の意識の欠片もないので時間など関係なく催促の電話があるでしょう。

 

それでだめなら自宅、勤務先へも取り立てに現れ、借金がみんなにばれてしまいます。

 

挙げ句の果てには親や兄弟、親戚中にも取り立てが行き、自分以外の人間も苦しめる羽目になります。

 

ですから絶対に闇金融で借りてはいけません。

 

 

4.今すぐお金を借りたい場合はどうすればいいですか?

 

素早くお金を借りるにはプロミスやアイフルなどの消費者金融に行き申し込む事です。

 

審査が通れば最短で30分ほどで借りられ、自宅のパソコンやスマホからの申し込みも出来るので簡単です。

 

もし、キャッシング機能のついたクレジットカードをお持ちであれば、最初に審査が完了しているので、ネットから申し込み即日振込も出来ます。

 

審査が通らず、どうしてもキャッシング出来ないのであれば質屋という手もあります。

 

 

5.無職でもお金を借りたい場合はどうすればいいですか?

 

低所得世帯や障がい者、高齢者などで仕事に就くための資格を取るためのお金や福祉用具など生活上必要となるものにお金がかかる場合、市や町にある社会福祉協議会で相談すればお金を借りることができます。

 

その他、子どもの学費など教育で必要だったり、失業したりしてしまって、困窮に陥ってしまった場合も借りられる可能性があるので、消費者金融などで借りるよりも、公的機関なので借りるのに安心して借りられます。

 

相談に乗ってもらえて、今の現状を知ってもらうことで、良い方向に支援してもらえるので、まずは公的機関で相談することをおすすめします。

 

 

6.審査に落ちて借りられない場合はどうすればいいですか?

 

まずどうして審査落ちしたのか考えてください。

審査落ちする原因があっても改善しないでほかのカードローン申し込みしても再び落とされるケースが高くなります。

 

ですが、カードローンの審査基準は各金融機関により違って、更に審査内容は一般公開されたりしません。

もしも審査落ちして、どうして落ちたのかカードローン会社に聞いてみても回答はしてくれないでしょう。

 

そして、一般的には既に他社から借入で年収3分の1までをオーバーしてるなら、消費者金融系業者の審査通ることありません。

 

また、注意点では今の借入額は消費者金融郷社からの借入以外に信販会社のキャッシング利用額が含まれます。

 

 

7.消費者金融でお金を借りるにはどうすればいいですか?

 

はじめは、消費者金融の公式サイトで申し込みをしてください。

パソコン、スマホどちらでもいいです。

 

申し込みページで氏名や年齢、連絡先など情報を入れていき、これは大体5~10分程度で完了します。

そして、公式サイトで入力終われば必要書類提出して、運転免許、パスポートなどスマホで撮影して、公式サイトの提出ページで送信して完了となります。

 

返済能力高いと判断されると利用限度額高くなり、反対に返済能力なければ、お金借りられないのです。

 

そして、審査終盤在籍チェックがありますが、これは申込者が本当に職に就いているかチェックするためです。

 

 

8.消費者金融でお金を借りると利息はどうなりますか?

 

消費者金融から初めてお金を借りる際、適用される金利は上限金利となることが多く、借り入れした元金に利率が掛けられます。

 

この利率は、あくまでも年率であり、実際に発生する利息は元金もしくは返済後の利用残高に利率が掛けられ、日割り計算されたものが実際の利息になります。そ

 

のため、発生する利息を抑えたいという場合、利用残高を如何に早く減らすかが重要となり、毎月口座振替で2000円を返済するよりも追加で1000円を返済した方が効率良く利息を減らすことができます。

 

また、毎月の約定返済日に返済が完了している場合、追加返済を行う1000円には利息分の返済が含まれないため、利用残高をダイレクトに減らすことができます。

 

 

9.銀行でお金を借りるにはどうすればいいですか?

 

銀行でお金を借りる際、利用目的に合ったキャッシングローンを選ぶのがポイントです。

 

カードローンの場合、利用限度枠内であれば繰り返し利用できるものの、金利は高く設定されています。

 

一方、同じキャッシングローンに分類されるフリーローンの場合、カードローンのように繰り返し利用はできません。

ですが、利用目的が限定されること、繰り返し利用により銀行や保証会社が負う貸し倒れのリスクも低く評価されるため、カードローンに比べると適用金利が10%前後というフリーローンも少なくはありません。

 

銀行からお金を借りる際には、利用目的や返済期間が明確になっているものを選び、総返済額を抑えられるものを選ぶ必要があります。

 

纏まった金額であればフリーローン、少額かつ短期間で返済できるものであればカードローンを選ぶのがおすすめです。

 

安易にカードローンの上限が高いからといって、多用してしまうとフリーローンより高い返済額になってしまいます。

 

 

10.銀行でお金を借りると利息はどうなりますか?

 

銀行は実店舗の銀行とネット銀行に分別できますが、どちらもカードローンを扱っています。

そして20歳以上の方で有職者または専業主婦の方なら、借りられる可能性があるのです。

 

その際の金利は銀行によって異なり、実店舗を持たないネット銀行の方が低い傾向にあります。

 

そして金利は融資限度額によっても異なります。

銀行カードローンは最大で1000万円まで借りられる可能性があり、その際の金利は年2%ほどです。

 

しかしいきなり何百万も借りられることはほとんどなく、一般庶民ならほぼ50万円以内の融資限度額となります。

 

その際の金利は年14~15%が一般的で、ネット銀行なら若干低くなります。

 

ちなみに消費者金融の金利は年18%なので、銀行カードローンの方が金利は低いです。

 

ですから金利で選ぶなら銀行カードローンの方が、そしてネット銀行のカードローンの方がお得です。