50万円100万円を借りたい。そんな時どこで借りるのが1番いい?

「即日で100万円借りたい」というよりも、「即日で50万円借りたい」という方が数字としてはリアルですね。

100万円を借りたい申込者となると、地域のキャッシング業者や消費者金融、銀行としても少し身構えてしまいますが、即日で50万円借りたいというのであれば、身構える姿勢も幾分かリラックスしています。
とはいえ、50万円という金額もそれなりに大きな金額です。

事実、地域のキャッシング業者や消費者金融1社から50万円を借りようとすると、収入を証明する証明書の提示を求められることがあります。

法律の改正によって、1社から50万円を借りようとする場合には、収入を証明する書類の提出が義務付けられているからです。

銀行のカードローンで50万円を借りるデメリット

一方で、銀行のカードローンはこれには当てはまりませんので、50万円借りようとも身分証明書を提示すれば借りられるところがほとんどです。

ただ50万円借りるというのであれば、明らかに銀行のカードローンの方が有利でしょうが、「即日で50万円借りたい」となると話は別です。

銀行の営業時間は、9時から15時までが一般的なのはご存知でしょう。

そのため、多くの銀行カードローンでは、14時ごろまでに申し込みが完了しないと、申し込みは翌営業日に回されてしまうのです。

50万円を今日中に借りるなら消費者金融がおすすめ

その一方で、大手消費者金融や地域のキャッシング業者では、それよりもはるかに遅くまで営業していますので、15時ごろ申し込んだとしても、「即日で50万円借りたい」要望に十分に応えられるわけです。

大手消費者金融の自動契約機ならば1時間弱ですべてが完了しますし、ネットバンキングを使えば口座に振り込んでもらえます。

しかし、大手消費者金融や地域のキャッシング業者ならば100%大丈夫というわけでもありません。

消費者金融や地域のキャッシング業者の場合は総量規制の対象となり、年収の3分の1以上は借りられませんので、即日で50万円借りたいのであれば、最低でも年収150万円はなければなりません。

より確実に即日融資を実行するなら、収入を証明する書類をあらかじめ用意しておくのが賢明です。

あと、在籍確認は確実に行えるようにしておきましょう。

100万円を確実に借りる方法はある?

「100万絶対借りたい」と考えているのであれば、まずは100万円の価値があるものが自分にあるのか見てみましょう。

切羽詰まった状況であるならば、100万円以上の価値がある車を買い取りに出して100万円を捻出してもいいでしょう。

100万円借りる方法1.不動産や機械を担保にする

所有権を完全に手放すのが嫌なのであれば、不動産担保ローンがいいでしょう。

自己所有の土地や建物であれば、100万円程度の価値はつきますし、期限内に返済すれば不動産の所有権も戻ってきます。

自営業者の方で運転資金として100万円がほしいのであれば、工場内にある機械を担保にお金を借りてもいいでしょう。

もちろん、お金を借りている間も機械を使うことができますし、返済すれば機械は没収されません。

100万円借りる方法2.質屋を利用する

もっと身近な話ですと、質屋を利用する手もあります。

質屋であれば、ブランドバッグやジュエリーをかき集めて100万円というのも不可能ではありません。

100万円借りる方法3.消費者金融や銀行カードローンで借りる

しかし、そのような価値のあるものを持っていないのであれば、地域の貸金業者や銀行のカードローンを頼るといいでしょう。

地域の貸金業者や消費者金融ですと、限度額が100万円ないところも少なくありません。

それならば、複数の貸金業者から合計100万円借りてもいいのですが、そうなると金利が高くなって返済が大変です。

そもそも、年収が300万円以下の人は総量規制の影響で、100万円のお金を消費者金融や地域の貸金業者からは借りられません。

100万円借りる方法4.目的が明確なら銀行のローンがおすすめ

そんなときにおすすめなのが、銀行のローンです。

前述した不動産担保ローンも銀行で融資してくれますし、目的が明確ならば目的別ローンを利用するといいでしょう。

手術や入院費用であれば「医療ローン」、留学費用であれば「教育ローン」、車の購入ならば「マイカーローン」といった具合です。

目的が明確であれば、審査も比較的難易度は高くありません。

これといった使い道はないが一度に100万絶対借りたいのであれば、目的を特に問われない「フリーローン」がいいでしょう。

カードローンでもいいのですが、利便性が高いだけにフリーローンよりも審査は厳しい傾向にあります。

 

このページでは50万円、100万円を借りる方法を解説してきました。

ですが、お金を借りる方法はここで紹介したもの以外にもまだまだたくさんあります。

詳しく知りたい方は「お金の借り方学校」で詳しく説明していますので、参考にしてみてくださいね。