自分は無職、親は年金収入。こんな状態でカードローンの審査は通る?

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、街の金融業者などでお金を借りる際、「親に収入があるから自分も大丈夫」と思っている方も少なくありません。

しかし、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、街の金融業者がみるのは親ではなく、申込者本人です。

どの金融機関も申込者本人の情報を審査する

基本的に、申込者本人が収入がなければ、どこの貸金業者もお金を貸してはくれません。

じぶんは専業主婦で配偶者にそれなりの安定した収入があれば、配偶者の収入を「みなし収入」として申込者本人の収入とみなすこともできます。

また、教育ローンなどでは、在学中のお子さんではなく親御さんの収入や職業を審査の対象にしています。

年金受給者本人が銀行や消費者金融、街の金融業者に申し込む際には、年金収入が収入としてみなされるかどうか、業者によって対応が分かれるところです。

しかし、これらはあくまでも例外的なケースであり、通常は申込者本人を審査します。

学生が申し込める学生ローンであっても、それは変わりありません。

審査の際に親御さんに連絡がいかなくてほっとする代わりに、申込者である学生が審査の対象となるのです。

年金受給者の親にカードを作ってもらう方法は?

もちろん、年金暮らしの親御さん名義でカードを作って、それをお子さんが使うという手もなくはありません。

ただし基本的に、カードの申込者本人がそれを使う前提でカードは発行されていますので、それに違反をすると万が一の際に補償されない可能性もあります。

職を見つけるのが難しい方は派遣会社に登録を

自分が無職であるために街の金融業者などからお金を借りられないのであれば、職を見つけるのが手っ取り早いでしょう。

しかし、それもなかなか困難な場合には、とりあえず派遣会社に登録をするのも手です。

派遣会社に登録をしていれば、派遣実績がなくても「派遣社員」にはなれます。

派遣社員に門戸を開いているカードローンやキャッシングは少なくありませんので、そういった貸金業者で申し込むようにしましょう。

いずれにせよ、年金収入の親を当てにして申し込むのは難しいことです。