他社で追加借入できる?すでにカードローン借入を延滞中の場合

真っ当な地域密着型金融業者からお金を借りたのであれば、そのお金はちゃんと返済すべきです。

お金を借りる側からしても、最初からカードローン借入を踏み倒すつもりで借りている人はほとんどいません。

お金を貸す側からしても、借りた人はきちんとお金を返してくれるだろうという「性善説」に基づいてお金を貸しています。

しかし、うっかり返済日を忘れた、あるいは給料日前でお金がどうしてもないという場合、期日までに返済できませんよね。

返済をうっかり延滞してしまった場合の対処法

もしあらかじめ期日までに返済できないことが明らかならば、地域密着型金融業者に連絡をして、「遅れるけどいついつまでにとは返済する」と言っておきましょう。

遅れてもお金が返ってくることが分かれば業者としても安心ですし、なによりお金を借りている側に誠実さを感じることができます。

業者も人の子ですので、そのような誠実な対応をとれば「少しくらいは融通をきこう」という気も起きてくるものです。

通常、カードローン借入を延滞中の方は追加借り入れができないのですが、融通をきいてくれて同じ業者で追加借り入れができる可能性があります。

しかしそれもせいぜい2回の延滞くらいまで、3回目の延滞となると、問答無用で信用情報機関に自己情報として登録される、いわゆる「ブラックリスト入り」の手続きをされてしまいます。

そうなると、今延滞中の業者ではない他社で追加借入をしようと考えますが、他社の場合にはあまり融通をきいてくれません。

融通をきいてくれるのは、借り手と貸し手の間に信頼関係が成り立っているときだけであり、誠実さも何も見せていない他社ではそれを望むべくもありません。

他社で追加に借入する時に注意したいこと

他社で追加借入をする場合、他社は信用情報機関の情報を大いに参考にします。

そこでブラックリストの情報が出ていようものならば、一発でアウトです。

しかし、系列の異なる貸金業者ならば信用情報を見ないかもしれません。

銀行が参考にしている信用情報機関と、消費者金融が参考にしている信用情報機関は、全く同じではありません。

銀行のカードローンで延滞をして事故登録されたなら、消費者金融で追加借入を申し込めば、通過する可能性も無きにしも非ずです。