こんなステータスでも審査に通る?収入が不安定な風俗店勤務

どんな職業であれ、働いて得る報酬は素晴らしいものです。

もちろん合法的であることが前提であり、風俗勤務や水商売勤務であっても、それで得る報酬は何物にも代えがたいものです。

とはいえ、一般的な風俗勤務や水商売勤務のイメージは、さほど良いものでないこともまた事実。

しかし、風俗勤務や水商売勤務でも、自分を磨くことによって更なる収入アップも目指せますので、自己投資も欠かせません。

水商売をしている人はカードローンの審査に通るの?

そうなるとお金が足らなくなることもあり、カードローンなどでお金を借りたくなってしまいますよね。

しかし、風俗勤務や水商売の人が審査に通るカードローンはあるか、と考えると不安になってしまいます。

確かに、「住宅ローン」などの高額な目的別ローンでは、審査に通りにくいという話もあります。

しかし、それ以外の街の貸金業者や大手消費者金融のキャッシングでは、風俗勤務だからといってお金を貸してくれないことはありません。

これらの業者では、その人が継続した収入があるかどうかを重視しています。

どの職種かはあまり気にしていないのです。

水商売の人が審査に通りやすくする方法は?

より審査に通るカードローンに申し込むためには、自分の給与明細や源泉徴収票を提示するといいでしょう。

まともな勤務先であればそのような書類をしっかりと渡してくれますので、渡していない勤務先は違法である可能性が高いです。

しかし、カードローンの審査で気を付けなければならない点があり、それが在籍確認です。

そもそも勤務先に固定電話が置いてあるか、それを確認しましょう。

在籍確認は、勤務先の固定電話に行われますので、それがなければ話になりません。

風俗勤務は夜遅くから早朝の場合も多いので、そもそも日中には誰も勤務先にいない場合も。

そんなときには、前述したような給与明細や源泉徴収票、そして社会保険の健康保険証をあらかじめ提示すると効果的です。

これらの書類は、収入や勤務先を証明する書類でもありますので、書類の提出をもって在籍確認の代わりとしてくれる業者もあります。

自己破産経験有。どこもお金を貸してくれないけど、10万円借りたい・・・どうすればいい?

借金が増えてしまうとなかなか返済も思うように進まず、さらに借金が膨らんでしまう悪循環になります。

そうなる前に、おまとめローンや借り換えローンを使って利息を少なくしたり、任意整理や個人再生の制度を利用して地域金融業者などの貸金業者と交渉したりするのがいいでしょう。

それでも借金が減らずに返済できない場合、最後の手段として「自己破産」があります。

自己破産のデメリット

自己破産をすれば借金を返済する義務はなくなり、一見するとバラ色の未来が待っているように思えます。

しかし実際のところ、自己破産することによって被るデメリットもかなり大きいのです。

クレジットカードは新規発行してもらえませんし、スマートフォンの割賦契約もできません。

さらには、保証会社を保証人にした賃貸契約もできません。

中でも最大のデメリットといえば、新たに借金をすることができなくなってしまうことでしょう。

クレジットカードも割賦契約も借金には違いないのですが、直接現金を借りることができないのです。

任意整理や個人再生でしたら、5年間程度で再びお金を借りられるようになるのですが、自己破産となりますと最低でも10年間は新たにお金を借りることができません。

そのような状況にある自己破産経験有りの方が「10万円借りたい」という場合、どのような方法があるのでしょうか。

自己破産から10年間経過していないようですと、とるべき方法は限られてきます。

まずは、親類や友人から10万円借りる方法ですが、自己破産経験有りの人に10万円貸すほど懐の深い人は、なかなかいないでしょう。

どこからもお金を借りられない場合は質屋がおすすめ

自己破産の有無にかかわらずお金を借りたいのであれば、質屋がおすすめです。

質屋は質草があってその品物が10万円以上の価値があるものであれば、素性は関係なくお金を貸してくれます。

万が一お金が返済できなくても、質流れになるだけで返済する義務はありません。

自己破産から10年を超えている場合には、地域金融業者からお金を借りられる可能性があります。

まずは信用情報機関に問い合わせをして、いわゆる「ブラックリスト」に載っているかどうかを確認しましょう。

退職前にカードローンに申し込んで無職期間に備えたい!

退職をすると、金銭的な不安が付きまとうもの。

金銭的な不満を一時的に解決するのが、地域密着型キャッシング業者のカードローンだったりします。

まず、退職予定であるならば、退職をする前にカードローンの契約をした方が無難です。

無職だとカードローンの審査に通りにくい

カードローンの審査で審査基準の一つとなるのが、仕事です。

退職してからでは、無職扱いとなってしまうので契約できるカードローンも限られてしまいます。

カードローンの申込書には、申込時の状況を記入すればいいわけで、退職予定などということは書く必要がありません。

定年退職をしてこれから年金生活に入るという方でしたら、年金受給者でも入れるカードローンにするといいでしょう。

この類のカードローンは、パートやアルバイトなど、通常のカードローンでは加入できない人も申し込めるようになっております。

申し込みの条件は緩いのですが、その分金利が若干高い可能性が高いので、注意をしましょう。

定年退職する方は申込年齢に注意しましょう。

定年退職の場合、60歳や65歳の年齢に達しているケースが多く、カードローンの申込上限年齢もその近辺となっております。

申し込む前には、必ず申し込み可能な年齢を確認しておきましょう。

不動産担保ローンでお金を–借りることもできる

退職予定で不動産を持っている方でしたら、不動産を担保にしたカードローンというのもあります。

取り扱っているところは圧倒的に少ないので、見つけられればラッキーですね。

不動産を担保にしたカードローンの場合、不動産という資産がバックにあるため、貸金業者もかなりの低金利で融資をしてくれます。

ちなみに限度額は一律で決まっているわけではなく、不動産の価値に応じて決められます。

その不動産も、戸建てかマンションかで異なり、同じ評価額でも戸建ての方が限度額が多くなる傾向にあります。

ちなみに、限度額を決める際には不動産鑑定の高い専門知識が求められますので、地域密着型のキャッシング業者ではなく銀行でこのようなカードローンは取り扱っている傾向にあります。

自分は無職、親は年金収入。こんな状態でカードローンの審査は通る?

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、街の金融業者などでお金を借りる際、「親に収入があるから自分も大丈夫」と思っている方も少なくありません。

しかし、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、街の金融業者がみるのは親ではなく、申込者本人です。

どの金融機関も申込者本人の情報を審査する

基本的に、申込者本人が収入がなければ、どこの貸金業者もお金を貸してはくれません。

じぶんは専業主婦で配偶者にそれなりの安定した収入があれば、配偶者の収入を「みなし収入」として申込者本人の収入とみなすこともできます。

また、教育ローンなどでは、在学中のお子さんではなく親御さんの収入や職業を審査の対象にしています。

年金受給者本人が銀行や消費者金融、街の金融業者に申し込む際には、年金収入が収入としてみなされるかどうか、業者によって対応が分かれるところです。

しかし、これらはあくまでも例外的なケースであり、通常は申込者本人を審査します。

学生が申し込める学生ローンであっても、それは変わりありません。

審査の際に親御さんに連絡がいかなくてほっとする代わりに、申込者である学生が審査の対象となるのです。

年金受給者の親にカードを作ってもらう方法は?

もちろん、年金暮らしの親御さん名義でカードを作って、それをお子さんが使うという手もなくはありません。

ただし基本的に、カードの申込者本人がそれを使う前提でカードは発行されていますので、それに違反をすると万が一の際に補償されない可能性もあります。

職を見つけるのが難しい方は派遣会社に登録を

自分が無職であるために街の金融業者などからお金を借りられないのであれば、職を見つけるのが手っ取り早いでしょう。

しかし、それもなかなか困難な場合には、とりあえず派遣会社に登録をするのも手です。

派遣会社に登録をしていれば、派遣実績がなくても「派遣社員」にはなれます。

派遣社員に門戸を開いているカードローンやキャッシングは少なくありませんので、そういった貸金業者で申し込むようにしましょう。

いずれにせよ、年金収入の親を当てにして申し込むのは難しいことです。

生活保護をもらっているけど、生活費が足りなくなってしまった・・・そんな時お金借りれる?

まず最初に申しあげておきますが、生活保護受給中の方が生活費が足りないといっても、街金のカードローンやキャッシングでお金を借りることはできません。

少なくても、申し込みの段階で生活保護受給中であることを申告してしまったら、まずカードローンやキャッシングの審査には通りません。

なぜ生活保護だと審査に通らないの?

そもそも、生活保護のお世話になるからにはそれなりの理由があることを忘れてはいけません。

生活保護を受給するには、資産(家や車、貯金など)がない、扶養者がいない、働いてはいるが最低賃金以下の労働である、何らかの事情があって働くことすら困難など、主にお金に困っている理由があります。

主にお金を貸して利息を収益源としている街金などにとって、お金に困っていることが分かっている生活保護受給中の方にお金を貸すのは、あまりにもリスクが大きすぎます。

仮にお金を貸したとしても返済が焦げ付くのは目に見えており、焦げ付いてしまったら街金がまるまる損をしてしまいますよね。

そんなリスクを負ってあえて貸し出す街金など存在しません。

生活保護受給中なのに審査が通る人がいるのはなぜ?

とはいえ、生活保護受給中の方でもカードローンやキャッシングの審査を通過してしまう人は、ゼロではありません。

これらの人が審査を通過したのは、生活保護を受給している事実を隠して申し込んだからです。

通常、カードローンやキャッシングの審査では信用情報機関に記録を照会して審査をします。

過去に延滞があったり債務整理をした人ならば、この時点で引っかかってふるいにかけられるのですが、生活保護を受けているだけで金融トラブルが特になければ、この時点では引っかかることはありません。

生活保護を受けながらも働いている人は、その勤務先をしっかりと書きましょう。

生活保護受給者がお金を借りるときの注意点

生活保護受給者のもとには、時折ケースワーカーが入ってお金に関するチェックをします。

この時、口座振込や口座引落を使って街金を利用していると、ばれてしまって最悪保護の打ち切りになります。

そのため、街金を利用する際には窓口やATMを使った取引にすることも重要です。

他社で追加借入できる?すでにカードローン借入を延滞中の場合

真っ当な地域密着型金融業者からお金を借りたのであれば、そのお金はちゃんと返済すべきです。

お金を借りる側からしても、最初からカードローン借入を踏み倒すつもりで借りている人はほとんどいません。

お金を貸す側からしても、借りた人はきちんとお金を返してくれるだろうという「性善説」に基づいてお金を貸しています。

しかし、うっかり返済日を忘れた、あるいは給料日前でお金がどうしてもないという場合、期日までに返済できませんよね。

返済をうっかり延滞してしまった場合の対処法

もしあらかじめ期日までに返済できないことが明らかならば、地域密着型金融業者に連絡をして、「遅れるけどいついつまでにとは返済する」と言っておきましょう。

遅れてもお金が返ってくることが分かれば業者としても安心ですし、なによりお金を借りている側に誠実さを感じることができます。

業者も人の子ですので、そのような誠実な対応をとれば「少しくらいは融通をきこう」という気も起きてくるものです。

通常、カードローン借入を延滞中の方は追加借り入れができないのですが、融通をきいてくれて同じ業者で追加借り入れができる可能性があります。

しかしそれもせいぜい2回の延滞くらいまで、3回目の延滞となると、問答無用で信用情報機関に自己情報として登録される、いわゆる「ブラックリスト入り」の手続きをされてしまいます。

そうなると、今延滞中の業者ではない他社で追加借入をしようと考えますが、他社の場合にはあまり融通をきいてくれません。

融通をきいてくれるのは、借り手と貸し手の間に信頼関係が成り立っているときだけであり、誠実さも何も見せていない他社ではそれを望むべくもありません。

他社で追加に借入する時に注意したいこと

他社で追加借入をする場合、他社は信用情報機関の情報を大いに参考にします。

そこでブラックリストの情報が出ていようものならば、一発でアウトです。

しかし、系列の異なる貸金業者ならば信用情報を見ないかもしれません。

銀行が参考にしている信用情報機関と、消費者金融が参考にしている信用情報機関は、全く同じではありません。

銀行のカードローンで延滞をして事故登録されたなら、消費者金融で追加借入を申し込めば、通過する可能性も無きにしも非ずです。

銀行系ローン以外で総量規制内の年収の3分の1以上借りる方法はある?

今、消費者金融や地域の貸金業者からお金を借りようと思っても、なかなかまとまったお金を借りることができません。

上向かない景気もその一因かもしれませんが、総量規制が導入されたのが大きいでしょう。

「総量規制」とは、年収の3分の1以上のお金を借りることができない仕組みのことで、消費者金融のキャッシングや地域の貸金業者からの借入、クレジットカードを使ったキャッシングなどが総量規制の対象となっています。

銀行カードローンは総量規制の対象外

しかしよく見てみると、ここに銀行のカードローンの名前がありません。

そう、銀行からのローンはカードローンも含まれすべて総量規制の対象とはなりません。

というのも、銀行のローンを管轄しているのは「銀行法」であり、総量規制を管轄する法律とは異なるからです。

しかし、銀行系カードローンはどうも審査が厳しい、ということで、銀行系カードローン以外で年収の3分の1以上借りる方法はあるのでしょうか。

質屋や住宅ローンは総量規制の対象外

まずは、質屋に行ってお金を用立てることです。

質屋でしたら総量規制の対象とはなりません。

もし、家や車がほしくてお金を借りることを検討しているのならば、住宅ローンやマイカーローンがいいでしょう。

銀行以外にもこれらのローンを融資してくれるのは、信販会社などがあります。

法人は総量規制がない

総量規制はあくまで個人に対して適用されるものであり、法人が総量規制を適用されてしまったら先行投資などできません。

法人の方は、総量規制の対象外ですので安心してください。

その他、NPOバンクが行う貸付けについては、生活困窮者への貸し付け、環境や社会福祉目的の融資目的であれば、総量規制の対象外です。

おまとめローンは総量規制の対象外

対象外以外にも例外事項もあります。

おまとめローンは、銀行以外にも消費者金融でも実施されていますが、顧客に一方的に有利な貸し付けであるため、総量規制の対象とはなりません。

配偶者がいる場合、配偶者の年収の3分の1まで借りられますし、共働きでしたら収入を合算することも可能です。

高額医療費などについても、10万円までで3か月以内の返済期間であれば、総量規制には引っかかりません。