3社目のカードローン審査に通った!一体いくら借りられる?

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン、街の金融業者でお金を借りるのは、昔ほど抵抗がなくなってきました。

気軽にお金を借りられる環境ができたのは良いことですが、それに伴って借りすぎてしまう問題も発生してきています。

一般的な傾向として、街の金融業者でも銀行のカードローンでも、希望する限度額と審査の難易度は相関関係にあります。

つまり、希望限度額が低ければそれだけ審査もやさしく、限度額が多ければそれだけ審査は厳しくなるのです。

誰だって審査は簡単な方がいいので、ついつい限度額を低く希望を出して、その分複数の業者から借りようと考えます。

2社目まではそれでも問題ないのですが、3社目となりますとさすがに厳しくなります。

3社目カードローンではあまり多くのお金は借りられない

運良く3社目の審査に通ったとしても、「3社目カードローンでいくら借りれますか?」と言われてもあまり多くのお金は借りられないでしょう。

銀行のカードローン以外は、総量規制に引っかかってしまいますので、現在のローン商品の限度額が年収の3分の1にどれだけ近づいているかを見てましょう。

2社借入中で3分の1まである程度余裕があるのであれば、3社目は多く借りられますし、2社目までで3分の1までもう少しとなれば、3社目はあまり借りられません。

申し込みの際、この見極めをしっかりとしておかないと、申し込みの時点で年収の3分の1をオーバーしていて、審査で落とされてしまう事態にもなりかねません。

3社目からはおまとめローンを利用するのも手

2社目までで、街の金融業者や消費者金融でお金を借りているならば、それをおまとめローンでまとめてしまうのも手でしょう。

おまとめローンは総量規制の対象外ですので、銀行のおまとめローンでも消費者金融のおまとめローンでも変わりがありません。

3社目で設定できる限度額にかなりの余裕ができてきますし、まとめることによって3社目でなく2社目となります。

貸金業者は件数に関してはシビアですので、件数をあまり増やしたくないのであれば、すでに借りている貸金業者に増額をお願いするのもいいですね。

職歴が浅い上にアルバイト!そんなステータスでも審査に通るカードローンは?

カードローンの審査において重要なポイントが、勤務先に関する審査です。

勤務先はどこか、勤務先でどれくらいの給料をもらっているか、勤務先でどのような雇用形態か、そして現在の勤務先での職歴はどれくらいか、といった具合です。

これは、大手消費者金融であろうとも地域密着型キャッシング業者でも同じことです。

職歴が浅いと審査で不利になる

アルバイトの方で職歴浅いとなりますと、カードローンの審査ではかなり不利になることはいうまでもありません。

正直な話、現在の勤務先での職歴が1か月程度ですと、審査はかなり厳しく、最低でも3か月程度はほしいところです。

職歴が6か月もあれば、もはや職歴浅いとはいえず、立派な職歴となることでしょう。

また、そもそもアルバイトでは申込みができないカードローンもあります。

申し込みをする際には、必ずアルバイトでも申し込み可能かを確認しておきましょう。

在籍確認が取れない場合の対処法

アルバイトには、日中の勤務時間以外にも、早朝や深夜のアルバイトもありますよね。

また、事務所や特定の場所に勤務せず、様々な現場を転々とするアルバイトもあります。

これらの場合、在籍確認が取れない可能性があります。

例えば、深夜の牛丼店のアルバイトでは、大手消費者金融や地域密着型キャッシング業者の在籍確認が非常に取りにくいです。

現場を転々とするアルバイトの場合、電話連絡が取りにくい状況にあります。

もちろん、これだけの理由で審査落ちをすることはありませんが、職歴浅いのと相まって不安な方は、日中勤務の人や事務所にいる事務や経理の人に、電話がある旨をしっかりと伝えておくといいでしょう。

在籍確認は本人が対応する必要は必ずしもなく、他人であっても本人の勤務実態が確認できればいいのです。

とはいえ、「キャッシングやカードローンの審査がある」とは言いにくいことでしょう。

そこでおすすめの文言が、「クレジットカードの審査がある」という言葉です。

業者は業者名を名乗らず電話をしてきますので、キャッシングかクレジットカードの業者かは分かりません。

カードローンの審査に通らない。審査落ちする理由には何がある?

大手消費者金融や銀行、そして地域のカードローンに申し込んだとしても、カードローンの審査に通らないと非常にショックですよね。

銀行ならばまだしも、地域のカードローン業者にまで融資を断られてしまうと、かなり凹んでしまいます。

もちろん、審査落ちする理由がそれなりにあります。

まず、申込者自身のケアレスミスが、審査落ちを招いてしまう可能性があります。

審査落ちしてしまう理由1.申し込みブラックになっている

実は、大手消費者金融や銀行、そして地域のカードローンの審査落ち理由の中に、「申し込みブラック」という理由があります。

これは、別の貸金業者に申し込みをして融資を断られた直後、別の貸金業者に再び融資の申し込みをすることです。

矢継ぎ早に融資の申し込みをしていると、地域のカードローン業者や大手消費者金融では、「この人はよほどお金に困っているのではないか」と考えます。

その結果、申し込みブラックとなって審査落ちをしてしまうのです。

また、別のカードローンを解約した直後、矢継ぎ早に別のカードローンに申し込みをしようとしても、これは申し込みブラックとなります。

いずれのケースにおいても、3か月程度間を空けておくと申し込みブラックにはなりません。

審査落ちしてしまう理由2.総量規制に引っかかっている
地域のカードローン業者や大手消費者金融では、総量規制に引っかかっていないかも注意しましょう。

年収の3分の1を超えると、地域のカードローン業者や大手消費者金融では新規の融資を行ってくれません。

融資をしてもらうためには、現在借りているお金を返済しなければならず、返済で生まれた余裕分を融資してくれるでしょう。

ちなみに、銀行のカードローンは総量規制の対象外ですので、総量規制の懸念がある場合にはこちらを利用してもいいかもしれません。

申し込みの際に虚偽申告をしていても、審査落ちの可能性があります。

審査を有利に進めようと、勤務先に本当は働いていない場所を書いたり、年収を多く書いたり、他社からの借入件数を少なく書いたりすると、その人の人間性を疑われてしまうからです。

◎審査が甘いカードローンはどこにある?ヤミ金以外で知りたい

カードローンやキャッシングでお金を借りる際、審査が厳しい業者よりも審査がやさしい業者でお金を借りようと思うはず。

審査が甘いカードローン(というか無審査)の業者といえば「ヤミ金」ですが、ヤミ金には審査が甘い以上のリスクがありますので借りないでください。

では、ヤミ金以外で審査が比較的甘い業者はどこかというと、お金を借りている人が置かれている状況にもよります。

例えば、銀行から住宅ローンの融資を受けている人であれば、同じ銀行で提供しているカードローンがいいでしょう。

住宅ローンとカードローンの審査、どちらが厳しいかといえば、もちろん前者です。

同じ銀行からお金を借りるのであれば、住宅ローンの審査に通っていればカードローンの審査にもまず通るでしょう。

しかも銀行によっては、当該銀行の住宅ローンを利用していると、カードローンの金利が優遇されるなどのメリットもあります。

まずは、同じ銀行のカードローンを検討してみるといいかもしれません。

学生の方は、街金の学生ローンを利用しよう

学生でなかなかお金を借りにくい状況にある場合には、街金の中に「学生ローン」を取り扱っているところがあります。

ヤミ金ではなく街金(中小消費者金融)ですので、もちろん安全な業者ですよ。

学生ローンは、大手消費者金融や銀行のカードローンではまず審査に通らない(というか申込対象外)である、18歳や19歳の学生でも融資をしてくれます。

それ以外の学生であっても、学生ローンは比較的審査に柔軟ですので、審査落ちする可能性はさほど高くありません。

女性の方は、女性専用のキャッシングを利用するのがおすすめ

女性専用キャッシングは、大手消費者金融や街金などで導入されている商品です。

他では申し込みができない可能性もある主婦(専業主婦)であっても、女性専用キャッシングならば融資実績が豊富ですので、バイアスのない公平な審査をしてくれます。

そういった意味では、審査が甘いといえるかもしれません。

また、女性専用キャッシングはスタッフが全員女性ですので、入りやすい雰囲気でもあります。