生活保護をもらっているけど、生活費が足りなくなってしまった・・・そんな時お金借りれる?

まず最初に申しあげておきますが、生活保護受給中の方が生活費が足りないといっても、街金のカードローンやキャッシングでお金を借りることはできません。

少なくても、申し込みの段階で生活保護受給中であることを申告してしまったら、まずカードローンやキャッシングの審査には通りません。

なぜ生活保護だと審査に通らないの?

そもそも、生活保護のお世話になるからにはそれなりの理由があることを忘れてはいけません。

生活保護を受給するには、資産(家や車、貯金など)がない、扶養者がいない、働いてはいるが最低賃金以下の労働である、何らかの事情があって働くことすら困難など、主にお金に困っている理由があります。

主にお金を貸して利息を収益源としている街金などにとって、お金に困っていることが分かっている生活保護受給中の方にお金を貸すのは、あまりにもリスクが大きすぎます。

仮にお金を貸したとしても返済が焦げ付くのは目に見えており、焦げ付いてしまったら街金がまるまる損をしてしまいますよね。

そんなリスクを負ってあえて貸し出す街金など存在しません。

生活保護受給中なのに審査が通る人がいるのはなぜ?

とはいえ、生活保護受給中の方でもカードローンやキャッシングの審査を通過してしまう人は、ゼロではありません。

これらの人が審査を通過したのは、生活保護を受給している事実を隠して申し込んだからです。

通常、カードローンやキャッシングの審査では信用情報機関に記録を照会して審査をします。

過去に延滞があったり債務整理をした人ならば、この時点で引っかかってふるいにかけられるのですが、生活保護を受けているだけで金融トラブルが特になければ、この時点では引っかかることはありません。

生活保護を受けながらも働いている人は、その勤務先をしっかりと書きましょう。

生活保護受給者がお金を借りるときの注意点

生活保護受給者のもとには、時折ケースワーカーが入ってお金に関するチェックをします。

この時、口座振込や口座引落を使って街金を利用していると、ばれてしまって最悪保護の打ち切りになります。

そのため、街金を利用する際には窓口やATMを使った取引にすることも重要です。