銀行系ローン以外で総量規制内の年収の3分の1以上借りる方法はある?

今、消費者金融や地域の貸金業者からお金を借りようと思っても、なかなかまとまったお金を借りることができません。

上向かない景気もその一因かもしれませんが、総量規制が導入されたのが大きいでしょう。

「総量規制」とは、年収の3分の1以上のお金を借りることができない仕組みのことで、消費者金融のキャッシングや地域の貸金業者からの借入、クレジットカードを使ったキャッシングなどが総量規制の対象となっています。

銀行カードローンは総量規制の対象外

しかしよく見てみると、ここに銀行のカードローンの名前がありません。

そう、銀行からのローンはカードローンも含まれすべて総量規制の対象とはなりません。

というのも、銀行のローンを管轄しているのは「銀行法」であり、総量規制を管轄する法律とは異なるからです。

しかし、銀行系カードローンはどうも審査が厳しい、ということで、銀行系カードローン以外で年収の3分の1以上借りる方法はあるのでしょうか。

質屋や住宅ローンは総量規制の対象外

まずは、質屋に行ってお金を用立てることです。

質屋でしたら総量規制の対象とはなりません。

もし、家や車がほしくてお金を借りることを検討しているのならば、住宅ローンやマイカーローンがいいでしょう。

銀行以外にもこれらのローンを融資してくれるのは、信販会社などがあります。

法人は総量規制がない

総量規制はあくまで個人に対して適用されるものであり、法人が総量規制を適用されてしまったら先行投資などできません。

法人の方は、総量規制の対象外ですので安心してください。

その他、NPOバンクが行う貸付けについては、生活困窮者への貸し付け、環境や社会福祉目的の融資目的であれば、総量規制の対象外です。

おまとめローンは総量規制の対象外

対象外以外にも例外事項もあります。

おまとめローンは、銀行以外にも消費者金融でも実施されていますが、顧客に一方的に有利な貸し付けであるため、総量規制の対象とはなりません。

配偶者がいる場合、配偶者の年収の3分の1まで借りられますし、共働きでしたら収入を合算することも可能です。

高額医療費などについても、10万円までで3か月以内の返済期間であれば、総量規制には引っかかりません。