自己破産経験有。どこもお金を貸してくれないけど、10万円借りたい・・・どうすればいい?

借金が増えてしまうとなかなか返済も思うように進まず、さらに借金が膨らんでしまう悪循環になります。

そうなる前に、おまとめローンや借り換えローンを使って利息を少なくしたり、任意整理や個人再生の制度を利用して地域金融業者などの貸金業者と交渉したりするのがいいでしょう。

それでも借金が減らずに返済できない場合、最後の手段として「自己破産」があります。

自己破産のデメリット

自己破産をすれば借金を返済する義務はなくなり、一見するとバラ色の未来が待っているように思えます。

しかし実際のところ、自己破産することによって被るデメリットもかなり大きいのです。

クレジットカードは新規発行してもらえませんし、スマートフォンの割賦契約もできません。

さらには、保証会社を保証人にした賃貸契約もできません。

中でも最大のデメリットといえば、新たに借金をすることができなくなってしまうことでしょう。

クレジットカードも割賦契約も借金には違いないのですが、直接現金を借りることができないのです。

任意整理や個人再生でしたら、5年間程度で再びお金を借りられるようになるのですが、自己破産となりますと最低でも10年間は新たにお金を借りることができません。

そのような状況にある自己破産経験有りの方が「10万円借りたい」という場合、どのような方法があるのでしょうか。

自己破産から10年間経過していないようですと、とるべき方法は限られてきます。

まずは、親類や友人から10万円借りる方法ですが、自己破産経験有りの人に10万円貸すほど懐の深い人は、なかなかいないでしょう。

どこからもお金を借りられない場合は質屋がおすすめ

自己破産の有無にかかわらずお金を借りたいのであれば、質屋がおすすめです。

質屋は質草があってその品物が10万円以上の価値があるものであれば、素性は関係なくお金を貸してくれます。

万が一お金が返済できなくても、質流れになるだけで返済する義務はありません。

自己破産から10年を超えている場合には、地域金融業者からお金を借りられる可能性があります。

まずは信用情報機関に問い合わせをして、いわゆる「ブラックリスト」に載っているかどうかを確認しましょう。

おまとめローンと自己破産。4社から借入がある場合、どっちにすべき?

最近では、消費者金融や地域のキャッシング会社のキャッシングが借りやすいのはもちろん、銀行のカードローンもだいぶ借りやすくなりました。

利便性が向上したのは消費者にとってはありがたいことですが、借りやすくなったことで借金に苦しむ人も増えてきています。

銀行のカードローンよりも、消費者金融や地域のキャッシング会社で借りたお金の返済に苦しんでいる人が、結構多いようです。

金利が高いのがその要因ですが、それを解決する方法として、おまとめローンと自己破産があります。

おまとめローンは複数の借入を一つにまとめる方法で、自己破産は借金を帳消しにしてしまう方法です。

はたしてどっちがいいのでしょうか。

自己破産を安易に選ばないほうが良い理由

まず、いきなり自己破産に向かうのはあまりにも早計です。

自己破産なら借金が帳消しになるから便利、と考えている人がいるならそれは大間違い。

自己破産をすると、日常生活に大きな支障が出てしまうのです。

新たにお金を借りることはできませんし、車を買うのにローンを組むこともできません。

アパートを借りようにも保証会社が保証人になってくれませんし、携帯電話を契約しようにも割賦契約もできません。

現代の日常生活に必要なことが、ことごとくできなくなってしまうのです。

そもそも、自己破産の前には任意整理や個人再生などの方法もありますので、まずはそちらの手続きをとるのが筋でしょう。

自己破産する前に検討したいのはおまとめローン

自己破産の前に検討すべきはおまとめローンです。

おまとめローンで4社を一気にまとめようとしても、それは正直難しいでしょう。

おまとめローンでまとめられるのは、3社が一般的です。

おまとめローンを利用するためには、まずは総力を結集して1社だけ返済をしましょう。

残債が少ない借金がいいでしょう。

その後、残った3社の借金をおまとめローンでまとめてしまいます。

高金利のものを残しておくと、おまとめローンの効果がより高くなります。

しかし、銀行のカードローンは効果が薄いことからおまとめできませんので、注意しましょう。