自営業で運転資金が足りなくなった・・・他社借入ありだけど事業資金がショートしそう…追加融資を受けられる?

自営業の方は、様々な局面でお金を必要としてきます。

事業を立ち上げるとき、設備投資をするとき、そして当面の運転資金を確保するときなどです。

通常の商売のように代金をすぐに支払ってくれず、支払いが数か月先と決まっている業者と取引をしていると、その間のつなぎ資金も確保しなければなりません。

大手消費者金融でも事業目的で借り入れできる?

つなぎ資金や運転資金が足りない場合、真っ先に思い浮かぶのが大手消費者金融でしょう。

しかし、多くの大手消費者金融では、事業目的でお金を貸すことを認めていません。

あくまでも、消費者個人の利用目的のために貸し出すのが消費者金融なのですから。

そんな場合でもあきらめないでください。

大手の金融業者でも、オリックス・クレジットなどでは自営業者のためのカードローンがありますので、そちらを利用するといいでしょう。

また、自営業者のためのカードローンを専門に行っている業者も全国展開していますので、そちらも選択肢に入れてください。

街金なら自営業者でも借り入れできるところがある

さらに、街の金融業者の中にはユニークなところもたくさんあります。

大手消費者金融とは異なり、特定の人をターゲットにした金融業者がたくさんあり、自営業者をターゲットにしたものもあるのです。

無担保で借りられる商品もあれば、担保を設定しなければならない商品もあります。

担保を設定できれば、より多くのお金を借りることができます。

担保を利用した融資には何がある?

ここで気になるのが、担保にはどのようなものがあるかでしょう。

最も確実なのが、不動産です。

自宅や工場の敷地や建物を担保に設定すれば、担保価値は安定していますので、より多くのお金を融資してもらえるでしょう。

大した土地や建物がなくても、安心してください。

地方銀行では、不動産担保ローン以外にも機械担保ローンを実施しています。

動産の資産価値に注目したローンで、工場にある各種機械を担保にしてお金を融資してもらえます。

工場の機械は、基本的に自己所有、あるいは自己所有予定のものに限られており、リースは対象となりませんので注意してください。

他社借入ありだけど追加融資を受けられる?

「鶏口牛後」という言葉があります。

大企業の歯車となるよりも小さくても企業のトップとなれ、というような意味の言葉です。

最近では、企業に関する手続きも随分簡単になってきましたので、鶏口牛後を実践する方たちが増えてきました。

ただしその際、開業資金が圧倒的に足らないことが予想されますので、創業融資を受ける方がほとんどでしょう。

創業融資を受ける際にも審査があり、審査を通過して融資を受けたはいいものの、事業資金がショートしそうという方も多いです。

当初の予想より売り上げが伸びない、当初よりも経費が多くかかるなどで手持ちのお金は減る一方です。

通帳の残高がゼロになる前に、何とか追加融資を受けて起死回生を図ろうというのは、当然の流れでしょう。

創業融資の借入が残っている会社は追加融資を受けるのは難しい

しかし、設立してまだ間もない会社が、創業融資の借入もまだ残っている会社が追加融資を受けるのは、正直厳しいところでしょう。

「創業融資の追加融資」はかなり厳しいかもしれませんが、創業融資以外の追加融資ならば可能性はあります。

ただしその場合、創業融資の残債が半分くらいにならないと相手はテーブルにも着きません。

その上で、事業計画通りに進んでいる、事業系買う以上の業績が上がっているというような、ポジティブな材料が必要です。

公庫からお金を借りるのではなく、民間の金融機関(街の貸金業者など)からお金を借りることも可能です。

創業融資は無担保で保証人も必要ありませんが、民間ではそう甘くはありません。

不動産担保融資やビジネスローンを利用する

担保を入れればある程度のお金は借りることができます。

土地でも貴金属でも株でも構いませんが、おおむね価値の7割程度が追加融資の上限です。

ビジネスローンを利用するのも手ですね。

ビジネスローンには銀行系とノンバンク系がありまして、銀行系は金利は低いが審査が厳しい、ノンバンク系は金利はさほど低くもないが審査が早いなどのメリットがあります。

様々な追加融資の方法がありますので、じっくり検討してみましょう。