退職前にカードローンに申し込んで無職期間に備えたい!

退職をすると、金銭的な不安が付きまとうもの。

金銭的な不満を一時的に解決するのが、地域密着型キャッシング業者のカードローンだったりします。

まず、退職予定であるならば、退職をする前にカードローンの契約をした方が無難です。

無職だとカードローンの審査に通りにくい

カードローンの審査で審査基準の一つとなるのが、仕事です。

退職してからでは、無職扱いとなってしまうので契約できるカードローンも限られてしまいます。

カードローンの申込書には、申込時の状況を記入すればいいわけで、退職予定などということは書く必要がありません。

定年退職をしてこれから年金生活に入るという方でしたら、年金受給者でも入れるカードローンにするといいでしょう。

この類のカードローンは、パートやアルバイトなど、通常のカードローンでは加入できない人も申し込めるようになっております。

申し込みの条件は緩いのですが、その分金利が若干高い可能性が高いので、注意をしましょう。

定年退職する方は申込年齢に注意しましょう。

定年退職の場合、60歳や65歳の年齢に達しているケースが多く、カードローンの申込上限年齢もその近辺となっております。

申し込む前には、必ず申し込み可能な年齢を確認しておきましょう。

不動産担保ローンでお金を–借りることもできる

退職予定で不動産を持っている方でしたら、不動産を担保にしたカードローンというのもあります。

取り扱っているところは圧倒的に少ないので、見つけられればラッキーですね。

不動産を担保にしたカードローンの場合、不動産という資産がバックにあるため、貸金業者もかなりの低金利で融資をしてくれます。

ちなみに限度額は一律で決まっているわけではなく、不動産の価値に応じて決められます。

その不動産も、戸建てかマンションかで異なり、同じ評価額でも戸建ての方が限度額が多くなる傾向にあります。

ちなみに、限度額を決める際には不動産鑑定の高い専門知識が求められますので、地域密着型のキャッシング業者ではなく銀行でこのようなカードローンは取り扱っている傾向にあります。